クオカードに釣られて


特に家づくりを意識してなく、始めるつもりもありませんでした。

アパートから徒歩5分。ただ、散歩がてらクオカードを手に入れるためだけに初めてモデルルームに足を運びました。

 

地域ナンバーワン宣言


訪れた工務店はママ目線を謳う、地元工務店。

地域に根差した経営を行っており、モデルルームは3つの隣接する市に各1棟モデルルームを出店している、こじんまりとした工務店です。

しかし、私たちが私たちの住む市における年間着工棟数がナンバーワンになったということで、イケイケムードで宣伝していました。モデルルームの前では子供寄せのバルーンや旗振りで派手に呼び込みをしていました。

 

私たちは戸建て注文住宅志向


私たちは戸建て注文住宅志向でした。自分たちが考えた、オンリーワンの家に住みたい。建売は万人が使いやすいようになっているだろうけど、本当に自分たちにあっている家は自分たちにしか作れない。漠然と考えていました。あと、割と田舎で育ったので絶対庭付き戸建て。マンションという選択肢はありませんでした。

特に妻とそんな話をしたことはありませんが、妻も絶対に戸建て注文住宅派だったようで、クオカードきっかけでこの工務店に訪れたことで、少しづつ家作りを意識していきました。。とはいってもまだまだ何年も先の話考えました。

 

土地探しの日々


工務店営業マンは私たちが注文住宅志向と知ると、積極的に土地情報を紹介してくるようになりました。

当然ですよね、土地がなければ注文住宅は建ちません。

その営業は土地情報を媒体で見せるだけでなく、現地に連れて行ってくれました。特に家作りを急いでいる訳ではなかったのでそこまでする必要はなかったのですが、特に断る理由もなかったので言われるがままついて廻りました。

これがすごくいい経験となりました。

最初の頃はボケーと見て、何となく見ているだけでしたが、そのうち見るポイントが分かってきて、同じ地区でも高い土地と安い土地で何が違うのか分かるようになってきました。

大体隔週で1回/半日、土地巡りをする日々がなんと!!約1年も続きました。

営業マンも根気よく土地紹介をしてくれたと思います。

おかげで希望する市内のどこに住宅地があって、おおよその坪単価まで把握できるようになりました。

 

土地選びはまず地区を絞る。そのためには土地の相場を知る


私たちの場合、住みたい地区は決まっていました。理由は次の記事で詳細に紹介します。

選ぶには様々な条件があると思います。その条件は人それぞれ。

予算が潤沢にある人は希望の条件すべて満足した土地を買えるでしょうが、大半の人は希望条件の中で優先順位をつけて土地探しをすることになると思います。

1年間土地を隔週で探してきて分かったことは、土地は相場というものが決まっています。

例えば、同じ住宅地で、同じ広さ、方角、その他の条件がほぼ同じ土地が2つあったとします。

取り扱っている不動産屋が違ったとしても値段はほぼ一緒です。なにが言いたいかというと、土地というのは定価がないものではあるが、値段のつけ方は安定して精度がよいです。

なので、安くて素晴らしい土地はなかなかありません。いい土地にはいい値段を支払う必要があります。

ある家具メーカーの宣伝文句をかりると、お値段以上の土地はありませんのでそれを念頭に土地探しをしていただければと思います。