はじめまして!

りりぃと申します。

この度、縁あってこちらで家づくりブログを書かせて頂くことになりました。

まずは簡単な自己紹介から。

横浜市在住、来月で34歳になります。

普段は会社勤めなので、更新はゆっくりしたものになるかと思います。

どうか長い目でお付き合いお願い致します。

現在、同学年の夫と5歳と2歳の子供達の4人暮らし。

今から6年前にミサワホームで家を建てました。

元々、一戸建てで育った夫と私。

当たり前のように将来は一戸建てに住もうと思ってました。

当時の状況を振り返ると…

・2010年7月 入籍

・2011年3月 結婚式(3.11の翌日でした…)

・2012年3月 マイホーム完成

ちなみにマイホーム完成の翌年1月に第一子出産してます。

毎年イベント続きでバタバタでしたが、割と2人で楽しく乗り越えられたと思います。

まぁ、多少のトラブルや紆余曲折はありましたが。

夫婦仲は結婚8年目の今もすこぶる良いです(^^)

さて、結婚式の翌年には家が建ってるので、一見計画的に見えますよね。

これがそうでもなく…。

私たちのうっすら描いてた未来としては、先に子供で、30歳過ぎたら家欲しいね、という感じでした。

なのに何故20代で家を建てることになったのか。

前置きが長くなりましたが、今日は家を建てるきっかけからお話したいと思います。

 

フラッと住宅展示場へ

結婚式と新婚旅行を終えて、生活も落ち着いてきた頃。

何の気なしに近所の住宅展示場へ赴きました。

当時住んでいたマンションから徒歩5分にあったその展示場。

本当にデート感覚で、いずれ建てたいから下見がてら、という軽い気持ちでした。

それが表情や態度に出てたのか、お金を持っていなそうだったのか、はたまた20代半ばの年齢が原因だったのか…

いくつか回ってみたハウスメーカーはどこも素っ気ない対応。

中には、入っても誰も出て来ず、帰るまで全く案内もなかったハウスメーカーもありました(人は居ました)。

形式的に名前を書いたハウスメーカーもありますが、私たちの意向

「5年後ぐらいに建てたいと思ってる」

を聞くとすぐに引っ込んでしまいました。

お見送りもなかったです。

しつこいと聞いていた住宅展示場の営業に多少構えていたので、拍子抜けしたのを覚えています。

あまりに相手にされないので夫も機嫌が悪くなってきて、もう帰ろうかと話していたその時。

通りかかったミサワホームさんの入り口で、にこやかに手招く女性が居ました。

「良かったら見て行くだけでもどうぞ」

その言葉と柔らかい笑顔に思わず引き寄せられて、最後にもう一件だけ、と入りました。

そして中へ入ると、玄関で出迎えてくれた男性もにこやかに歓迎してくれました。

それが、後に私たちの担当になるHEのKさんでした。

ここが分岐点だったのだと、今は思います。

 

長くなりましたので、次回はどうしてその後数ヶ月で契約に至ったのか、のお話を綴りたいと思います。

ではまた、お会いできる日まで。