はじめまして。

この度くらそうねにて家づくりブログを書かせて頂くことになりました、とーいちと申します。

今回は初めての投稿なので自己紹介をさせてください。

まずなぜ私がタイトルにある『型破り』なのか…。

家を注文住宅で建てられる大方の人はハウスメーカーや地元の工務店などを見て回り、自分達家族に合うパートナー会社を選ぶでしょう。

実際に私もそうでした。

1年近く住宅展示場を歩き回り、気になるハウスメーカーがあれば何度も足を運び仕様や設備、金額の打ち合わせ。

その度にそのハウスメーカーを好きになり

『ここなら私たち夫婦の希望が叶う!』

本気でそう思い契約を考えました。

ただ契約をしてこなかった理由は

『今は建てるタイミングではない』

ただそれだけです。

『子供が小学生に上がるタイミングで家を買う』

これを目標に下見気分で行った住宅展示場。

下見のはずが本気でそのハウスメーカーで家を建てたくなってしまったのです。

悪いことではありませんよね?

それだけ魅力的なハウスメーカーだったんですから。

ただ私はまだ2年先のこと。

幼稚園年少の娘が小学生に上がるにはあと2年もあるのです。

『他のハウスメーカーも見てみようかな』

様々なハウスメーカーに惚れ、そのハウスメーカーを調べ、時には宿泊体験でイメージを膨らましました。

そこでだんだんと分かる

『私たち夫婦が家に求める本質』

なぜマンションや建て売りでなく注文住宅なのか。

何をこだわり、何を切り離すか。

こだわりにはたくさんあるでしょう。

ちなみに私が特にこだわる点として

・35坪前後の家

・嫁が家事をしやすい家

・桁違いに暖かい家

・電気代、メンテナンス費が少ない家

これらが挙げられます。

これらはマイホームを考え始めた頃には抱いていないこだわりです。

何度もハウスメーカーに足を運び、何社も何社も見て・調べて・体感することで増えていきました。

増えるこだわりに比例するかのように跳ね上がる金額…

そんななか出会えた最高のパートナー。

 

材木屋と建築デザイナーのコンビ

 

材木屋と聞くと、家を建てる材木を売っていると思われますよね?

もちろん正解です。

ただ材木だけでなく、キッチン・床材・お風呂など住宅に関わる全ての棚卸し業者でもあるのです。

棚卸し業者ということは、YKKのような窓を取り扱う業者から原価で仕入れることが可能です。

また広告は一切出しておらず無駄な経費は掛からないというのも大きなポイントです。

家に関わる資材を全て原価で仕入れてくれます。

大手ハウスメーカーにも商品を卸していますが、そこでは中間マージンが発生しますので、私たちの手元に来る頃にはなかなかなお値段に…

 

建築デザイナーですが、私が出会ったこの方はアメリカの大学・企業で学びその後日本でご活躍されました。

そんな方々にたまたま出会え、私の家づくりのお手伝いをお願いした流れです。

ハウスメーカーや工務店や建築士にお願いする家づくりでなく、建築デザイナーにイメージを作ってもらい材木屋が形にする家づくりを選びました。

なんとも型破りな家づくりです。

また私の無茶な要望を形にしてくれようと奮闘する建築デザイナーと材木屋。

まだまだ完成形が見えてきません。

 

私は別のブログで今まで学んだ知識、体験してきた経験を綴ってきました。

そのなかで知ることができた誤った常識、あまりにも高い家の価格に驚きを隠せません。

一人でも多くの方に家づくりに必要なこと・適正価格を伝えたいと思うようになりました。

これから少しずつそれらを記事にしていこうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

最後になりましたが、一人でも多くの目に入る機会を下さったくらそうねさん。

心より感謝いたします。