こんばんわ。ピクピク丸です。

今日は大和ハウスとミサワホームの最終戦についてお話したいと思います。

大和とミサワに訪れたのは同じぐらいの時期で、土地が決まる前でした。

どちらも営業さんが好印象でした。(`・ω・´)b

それだけの理由で、この2社で検討してみることに、、、

比べてみると結構いろいろ違うもんです。

【打ち合わせ場所・やり方】

 <大和>

場所:支店の応接室

やり方:営業さんが若手だったらしく、主にその先輩社員の方と話した記憶があります。

※この先輩社員がぐいぐい系で、肌に合わなかったんです。打ち合わせが少し苦痛でした・・・

打ち合わせにプランナーさんが同席して、多少の間取りの修正であればその場ですぐしてくれました。

その他なんやかんやで、3人とか多くて4人くらい打ち合わせに来てましたね。

 <ミサワ>

場所:建売物件の中(ピクピクJrが小さいので途中からは我が家に訪問してもらってました)

やり方:いつも営業さんが一人で来て、いろいろ話して次回に修正案を持ってくる形でした。

契約するまで、すべてこの営業さん一人とやりとりしてました。

ミサワホームはやたらと建売がたくさんある印象がありますね。

 <感想>

私の好みとしては、ミサワの方が良かったです。

複数人を相手にするも疲れるし、大和の支社は結構遠いしで、大和との打ち合わせはミサワより1.5~2倍くらい疲れた気がします。

また、私が一番プロに期待したいとひそかに思っていたのが、その道のプロならではの提案力です。

こっちの希望の間取りをパズルみたいにくみ上げるだけなんて芸がない!(と思っている。)

やはりハウスメーカーとしてのノウハウや経験より、アドバイスをしてほしいわけですよ。こっちは素人ですよ?

その点でいくと、大和は言った通りだけ、ミサワは一歩踏み込んでくれた感じはあります。

まあ営業さんによりけりってとこでしょうけどね(´ε`;)

 

【家の性能】(大和はZEVOΣ、ミサワは木質パネルです。※比較対象がおかしいとかは言いっこなしで(笑))

<大和>

基礎のコンクリートを通常他社よりも厚くしているので、長持ちする。(具体的にどのくらいか聞いたら、回答は無かったです。)

耐震性能はトップクラスらしい(どこも言ってますが。)

断熱が3重か4重くらいですごい。アバウトですいませぬ。。

地盤改良が鋼管杭、しっかり、間違いなくできるようにいろいろ工夫がされてるようです。

<ミサワ>

南極!南極!南極!南極でも耐える断熱性能♡

ミサワを検討した方は必ず一度は話を聞かされるでしょう(笑)

モノコック構造が強い。

ベストデザイン賞がどうのこうの。

<感想>

いやー話した内容とか全然覚えてなくてびっくりしますわー!

耐震性能については、各社非常に力を入れており、かつ測定方法がまちまちで比較できません。

すなわち!そんなに意識しすぎなくてよいと思います。(個人的な感想です)

ただし、ミサワの木質パネル工法は、木造住宅の中では最強の部類だと思います。(2×4の上位互換じゃね?)

2階の振動や防音性能については、さすがに大和に軍配が上がりました。(大声だしたり、飛び跳ねたりして確かめました。)

ちなみに、家の外観については、「見た目は同じものをどこも作れますんで」と言われた方結構いるんではないかと思います。

違うのよ。こっちはビビっとくる外観を提案してほしいのよ!!(誰に言っているのか)

デザインに関してはシンプルモダーンを目指す私としては、どちらも好みのものを提案してくれていたと思います。

 

【金額】

結論からして、大和の方が500万ほど高かったです。

さすがに鉄骨vs木造とはいえ決定的な金額差と言わざるをえません。

企画型住宅であるスマスタを選んでいたのも大きいのでしょうね。

ちなみに大和は覚えてませんが、ミサワの値引きは最初に300万、さらに端数として数十万と、1階の窓を防犯窓に変更サービスでした。だいたい11%強の値引き率です。

まずまずといったところでしょう。

【結果】

打ち合わせのやり方

大和:△  ミサワ:〇

提案力

大和:△  ミサワ:〇

家の性能

大和:〇  ミサワ:△

費用

大和:△  ミサワ:〇

いろいろと書きましたが、結局のところ、

営業さんの能力や相性といった部分が大きいです。

500万円の金額差・・・正直なところ、これが逆だったとしてもミサワを選んでいたと思います。

いい営業さんに出会えて本当に良かったです。\( ‘ω’)/

※後日談ですが、プランナーさんや他の方々も非常に良かったです。