こんにちは!

かずまるです(*^O^*)

 

 

突然ですが実は昔、住宅メーカーの営業マンだったんです∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

 

ぜんぜん売れなくてすぐ辞めましたけど( ̄。 ̄)ボ~~~~

 

はい、今笑った人にはエアコンのコードがだら~んと下がる位置にコンセントが付く呪いかけました~  ̄o ̄

 

 

さて、世の中には優しい営業さん、悪い営業さん、仕事のできる営業さん、できない営業さん、色々おられます。

 

私は営業さんより現場監督さんを重要視していたのであまり気にはしませんでしたが、営業さんで決めたって人はブログ界では多く見かけます。

 

そういえば我が家も本命メーカーのベテラン営業マンで300棟以上売ったらしいけど仕事ができない人過ぎて妻が怒りMAXで契約にいたらなかったのでした(o ̄∇ ̄)o!!ガーン

 

その人は、約束の前日に間に見積りも間取り提案すら間に合わずにドタキャン。そしてその後2週間以上連絡無しでこちらから連絡、提案された間取りがあまりにも要望とかけ離れていたので私が描いた間取り図を2案描いて渡したら、改悪したりそのまま見積をしただけで提出。そして見積金額は大きく間違える・・・\(^o^)/

とても残念な結果でした。その後土地が高いので他の土地を探して検討したいと言ったらそれっきり電話すらありません/(^o^)\

 

こんな特殊な例は置いといて、我が家の判断基準を紹介します。

 

 

**************************

 

 

私が住宅メーカにいた当時、普通の4LDKくらいなら営業が設計していました。

 

そこそこ大手メーカーだったので新人のダメ営業マンだった私にも間取りと見積依頼はありました。

 

展示場内には他にも営業マンはいっぱいいて、みんな昼間は間取り図を描いているかお宅訪問して営業活動しているわけです。間取り図を描いているなんて見込み客がいるんだから羨ましい状態です(´・ω・`)

 

そんな中で間取り図を描いているとどうしても家相の関係で上手くいかないことが多々ありました。

 

表鬼門に玄関やトイレがあった方が間取りが描きやすい土地がいっぱいあるんです。

 

それで営業は困ると鬼門の幅を北東線付近30°以内が鬼門ってことにしたり、ひどい人は鬼門は北東の線上のみですとか言ったりするんです。

 

それなのに競合他社の間取り図を見せてもらったりすると鬼門に玄関がある家を提案するなんてあり得ない!なんて言うんです(笑)

 

当然、我が家の当初の本命だった営業さんも鬼門は30°の範囲と言ってました\(^o^)/

 

前置きが長くなりましたが、私はそれほど家相を気にするタイプではないんですが鬼門はどのあたりですかとあえて聞いてました。

 

住宅のプロとして初めてお客さんに間取りを提出するときはせめて表鬼門の45°、常識的には60°と言えないような人は知識不足かDQNです!(言い切って本当に大丈夫か?

 

わざわざ鬼門について聞いている客にこれくらいの配慮がないと他の事への配慮ができないと思ったからです。(ちょっとまともな言い方してみた(^。^)

 

まあ、個人的には家相や風水なんてくだらないことだと思ってます。(ちょ!言い方

 

注文住宅なんだから好きに建てれば        いいーーーんです!!

 

もし、ハウスメーカー選びに迷ったときは何かわかりやすい判断基準を決めておくと我が家のように無駄な時間を過ごさずに済むかもしれませんd( ̄  ̄) 我が家は2ヶ月無駄にしました。

 

一応我が家の一条工務店の担当営業さんの答えを紹介します。

「一級建築士が担当するから安心して下さい(^_^)」 でした(笑)

今のところとても良くしてもらってます(^。^)(ドヤ顔で書いた判断基準はどうした←

 

以上、役に立ちそうで立たない営業さんの判断基準でしたゞ( ̄∇ ̄;)

 

 

我が家のエアコンのコンセント位置は天井にしたぞ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ