はじめまして!

この度ご縁があり「くらそうね」内の家づくりブログに記事を投稿させていただくことになりました。
家を建てるまでに本当にたくさんのことを考え、たどり着いたのが賃貸併用住宅でした。

現在賃貸併用住宅を建築中です。

まず今回の記事では賃貸併用住宅を建てようと思ったきっかけについてお話ししたいと思います。

持ち家の取得と資産形成を同時期に考え始めていた

30歳を超えたあたりから自分の人生について本気で考え始め、理想の人生を過ごしていくために「資産形成をしていきたい」という思いが強くなっていきました。また、結婚し子供が生まれ「持ち家で暮らしたい」という思いも同じように強くなり始めていました。

考えても考えても何から始めていいのか分からず、インターネットで副業や投資の方法を調べたり本で情報収集する日々が続きました。

「まず何か行動しよう!」

そう思って最初に踏み出した一歩が近所の建売住宅展示会の見学でした。

はじめて建売住宅を見学した感想は

「現実はこんなものか」

これが正直な気持ちでした。

新築できれいだし、床暖房や食洗機などの最新設備は快適そうだし、魅力的な部分も確かに存在していました。

けど、この建売住宅に35年間住宅ローンを払い続けるのかと思ったら残念な気持ちになってしまいました。

「テレビや雑誌でみるようなオシャレな家に住むなんて無理なのかな」

現実を見せつけられた瞬間でした。

不動産担当者からの一言が心に引っかかりました

不動産担当者に質問しました。

「今不動産投資ってどうなんですか?」

「今不動産投資は加熱してて物件も高いんでやめた方がいいですよ。二世帯住宅みたいな収益も兼ねた物件があればラッキーですけどね。けどそういう物件は数が少なくてなかなか中古で出回ってないんですよ。近所に入り口が1つの二世帯住宅があるんで見に行ってみますか?」

「いえ、結構です」

そのまま展示場を後にしました。

 

「二世帯住宅かー」

家に帰りネットでポチポチと調べてみました。

「二世帯住宅、三世帯住宅、ん、賃貸併用住宅」

賃貸併用住宅を知った瞬間でした。

賃貸併用住宅とは

皆さんは賃貸併用住宅ってご存知ですか?

賃貸併用住宅とは自分たちの居住スペースと賃貸部分が1つの建物内に存在する集合住宅のことで、住宅ローンの支払いをしながら家賃収入を得ることが可能になります。

プランによっては家賃収入のみでローンの支払いをまかなうこともできるし、場合によってはプラスの収支を得ることも可能なのです。

賃貸併用住宅を知った瞬間

「これだ!これなら自分でもやれる!」

持ち家を持ちたい気持ちと資産形成していきたいという気持ちの両方を満たす、私にとって正に最高の選択肢でした。

その日以来賃貸併用住宅についてインターネットや本を読んで調べまくりました。

人の意識とは怖いものです。

賃貸併用住宅を意識した日から私の住んでいる地域を見渡すとアパートに混じって賃貸併用住宅が建っているんです。

賃貸併用住宅は現実に私の周りにも存在していました。

2017年4月2日

建売住宅の展示会に行き、賃貸併用住宅を知った日から賃貸併用住宅の実現に向けて私の人生は大きく動き出しました。

ここまでが今回の記事の内容になります。

続きはまた別の話で。

皆さんこれからよろしくお願いいたします^_^