マイホーム

都内の着工数が2月減少、2ヶ月ぶりのマイナス

新設住宅の着工数が伸びていた都内の住宅状況ですが、2月は2ヶ月ぶりにマイナスに転じたという記事。
都心3区は伸びていたようですが、その他は下がったようです。

とはいえ、また時期が変われば着工数も増えてくるのではないかと思います。

地域別にみると、都心3区(千代田、中央、港)は前年同月比72.3%増の915戸で3カ月連続の増加。都心10区(千代田、中央、港、新宿、文京、台東、墨田、江東、渋谷、豊島)では同10.0%減となり4カ月振りの減少となった。区部全体では同0.9%減の1万203戸で6カ月振りの減少。市部は同20.7%減の2,134戸で4カ月連続の前年割れとなった。都心3区の新設着工は順調だが、区部全体ではやや振るわなかった。2月は市部に加えて区部全体も不調だったと言える。

都内の新設住宅着工戸数、2月は前年比4.9%減、2カ月振りマイナス│財務新聞


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • 編集長が聞いてきました
  • キラリ☆職人技
  • 明るいお部屋計画
  • 女一人で古民家を借りました
  • 親子でガサガサ川遊び
  • くらそうねブログ
  • シンプルインテリア風水
  • 教えて!家山さん
  • 【実況!隣の家づくり】林家編

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ