住宅ローン

子育て世代向けに金利大幅引き下げ、実際にいくらお得になるのか

「フラット35子育て支援型」など、子育て世代向けに住宅ローンの金利を引き下げるなど、今は住宅ローンのハードルが下がっている時期です。

結果的にその恩恵にあやかった場合、いくら得するかが試算されていました。

5年間続くのですから、通常なら5年間で約518万円の返済額が、約473万円に減少します。45万円ほど負担が軽くなるわけです。

5年で45万円の負担減だそうです。
あとは太陽光などエネルギー関係の補助金などを合わせれば、もう少し負担額が減りそうです。

住宅ローン、子育て世帯は金利大幅引き下げ開始!親と同居・近居も適用、多額助成金も│ビジネスジャーナル


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • 教えて!カネ美さん
  • 編集長が聞いてきました
  • 富士山と生きる おばあちゃんの知恵
  • シンプルインテリア風水
  • 明るいお部屋計画
  • 教えて!家山さん
  • 女一人で古民家を借りました
  • くらそうねブログ
  • 【実況!隣の家づくり】松川家編

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ