土地

中古住宅として売るか、古家付きの土地として売り出すかメリット・デメリット

築40年の住宅を売りに出す時、中古住宅として売り出すか、古家付きの土地として売り出すかどちらが得かを書いた記事。

中古住宅のメリットは、解体費用を節約できる点。

中古住宅として売り出す場合のメリットとしては、まずは、解体費用の負担について考慮する必要がないことがあげられます。
古家付きの土地の場合、解体費用を売主が負担するよう交渉されることも覚悟しなければなりません。

古家付き住宅の場合は、ターゲット層が広がる点。

古家付きの土地で売り出せば、「更地にして新築住宅を建てる派」と「リフォーム・リノベーション派」の両方をターゲットにできます。

どちらもメリット・デメリットがあるので、オススメは両方で広告を出してみることと書いてありました。

どちらがお得?築年数40年の家「中古住宅」として売る?「古家付きの土地」として売る?│スマイターMagazine


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • 教えて!カネ美さん
  • おうち見せて
  • 教えて!家山さん
  • くらそうねブログ
  • キラリ☆職人技
  • 【実況!隣の家づくり】林家編
  • 女一人で古民家を借りました
  • 家づくりの流れ
  • 編集長が聞いてきました

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ