マイホーム

投資物件は新築のほうがお得な理由

中古住宅よりも新築のほうが結果的にはオトクであるという記事。

そして、築20年前後を目安として、屋上の防水や外壁の塗装、設備の更新などといった大規模修繕工事を実施する必要性が生じます。
つまり、築年数がたっている物件を買うと、この工事費用が発生するタイミングが早くなるわけです。極力先延ばしにしても、いずれどこかで大規模修繕工事を施さなければ、入居者が見つからないオンボロ物件と化してしまいます。

確かに売ることを考えると、築年数が経ってしまったものよりは築浅のものを買ったほうが売りやすい気がします。
投資物件はなかなか難しいです。

投資物件選び・・・「中古」より「新築」を狙うべき理由│幻冬舎GOLDOnline


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • おうち見せて
  • 明るいお部屋計画
  • 【実況!隣の家づくり】松川家編
  • 編集長が聞いてきました
  • 教えて!カネ美さん
  • シンプルインテリア風水
  • キラリ☆職人技
  • 【実況!隣の家づくり】林家編
  • 家づくりの流れ

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ