高齢者

お互い助け合える距離、公社住宅で親子近居を支援

東京都住宅供給公社が運営する賃貸住宅で、親と子世代の近距世帯を優遇する制度を開始したそうです。
近くに住んでいるだけで子育てや介護がしやすくなりますね。

都の外郭団体である東京都住宅供給公社(JKK東京)が運営する賃貸住宅で近居世帯を優遇する。親か子の住居が同一区市内もしくは半径2キロメートル以内の公社住宅が対象になる。親か子のどちらかの世帯が高齢者世帯か子育て世帯、障害者世帯のいずれかであることを条件にする。

地方に住んでいて子どもが東京の場合の救済策も何か出てくることを期待します。

公社住宅で親子近居を支援、都が優遇、育児・介護をしやすく │日経新聞


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • 幸せな家づくりは人間関係が9割
  • おうち見せて
  • 教えて!家山さん
  • 【実況!隣の家づくり】吉房家編
  • 【実況!隣の家づくり】松川家編
  • くらそうねブログ
  • 教えて!カネ美さん
  • 編集長が聞いてきました
  • 女一人で古民家を借りました

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ