マイホーム

持ち家か賃貸か論争、持ち家のデメリットとは

常に論争になっている持ち家か、賃貸かについてバッサリと斬っている記事。
結論的には持ち家は危険な博打と言っている程、デメリットを伝える記事になっています。

それでも35年我慢して返済を続けた先に手元に残る家=資産が、輝かしいものであれば投資は成功である。では自身が買った戸建てやマンションの35年後の姿を想像してみよう。想像が難しければ、現在築35年の戸建てやマンションを見学してみればよい。一部のビンテージマンションなどを除いて、多くの建物は「古ぼけた」「ぱっとしない」物件として目の前に鎮座していることであろう。これらの物件にどれほどの価値があるというのだろうか。

資産価値としては年数が経過するごとに目減りするのはわかりますが、土地はどうなるかわかりません。
少しでも手元にお金を残すことを選択するとなれば、ずっと賃貸でもいいのかもしれませんが、この記事を読んでもやっぱり難しいと思ってしまいます。

「賃貸」VS「持ち家」のくだらない論争はそろそろやめにしよう 「住宅購入」という名の危険な大バクチ – 牧野 知弘│文春オンライン


この記事を書いた人

crassone

くらそうね編集部

くらそうね編集部。日々住宅や家に関するニュースを探しています。

同じ人が書いた記事一覧はこちら

COLUMN連載コンテンツ紹介

  • 【実況!隣の家づくり】吉房家編
  • 家づくりの流れ
  • 教えて!カネ美さん
  • 女一人で古民家を借りました
  • キラリ☆職人技
  • 親子でガサガサ川遊び
  • くらそうねブログ
  • 【実況!隣の家づくり】林家編
  • 編集長が聞いてきました

RANKING 人気記事ランキング

くらそうねメールマガジン

毎週木曜日にくらそうねメールマガジン配信中!
くらそうねの最新情報や役立つ家づくり情報をお届けします! 是非ご登録ください!

メールマガジンイメージ